自閉症児エリーの記録新版
言語訓練カード。発達障害、自閉症のお子様に言語訓練カード ファンデックこれはだれのための物?

自閉症の赤ちゃんの障害

自閉症の赤ちゃんの感情障害





自閉症赤ちゃんの感情障害について紹介したいと思います。自閉症赤ちゃん野感情障害というのはどのような障害なのでしょうか?一般的な赤ちゃんは、怖いとお母さんに逃げてお母さんに抱っこしてもらうと安心して恐怖というものは消えてしまうと思います。しかし自閉症あかちゃんというのは、恐怖を感じたとしても、安心する、逃げるところがないので、恐怖を感じないように自分で恐怖を排除するようになって、自分の中で処理してしまうのです。これが自閉症赤ちゃんの感情障害です。


自閉症赤ちゃんは表情が乏しく感情も表に現さないことが多いと思いますが、これが自閉症赤ちゃんの特徴である感情障害ということになるのですね。自閉症赤ちゃんのこのような感情障害は喜怒哀楽といった感情がないと言ってもいいと思います。自閉症赤ちゃんが感情が乏しいというのには、この喜怒哀楽がないことがげんいんかもしれませんが、これは自閉症赤ちゃんの特徴である感情障害なのです。

自閉症の赤ちゃんの障害

自閉症の赤ちゃんの感覚障害





自閉症赤ちゃんの感覚障害について紹介したいと思います。自閉症赤ちゃん野感覚障害というのは、どのような物があるのかというと、自閉症赤ちゃんは親に呼ばれても振り向かなかったり、言葉に全然反応しないということがあります。言葉を発しないために聴覚障害かもしれないと思う人もいるかもしれませんが、テレビなどには反応するので、聴覚障害はないということがわかります。これが感覚障害です。自閉症赤ちゃんは感覚に障害がでているために親が呼んでもそれに気がつかなかったり耳にその言葉や声が入らないといった症状があるのです。


親が顔をみても視線が合わずに何の変化もない、顔の表情一つ変えずに呆然としているときが自閉症赤ちゃんにはあると思いますが、これも感覚障害の一つだといえます。自閉症赤ちゃんの感覚障害は初めのうちはわかりにくいのですが気になる点がたくさん出てきたことで親が自閉症赤ちゃんかもしれないと疑う材料になっているのかもしれません。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。