自閉症児エリーの記録新版
言語訓練カード。発達障害、自閉症のお子様に言語訓練カード ファンデックこれはだれのための物?

自閉症の赤ちゃんの診断

自閉症の赤ちゃんの診断





自閉症赤ちゃんの診断について紹介したいと思います。自閉症赤ちゃんの診断は実は3歳を過ぎないと厳密には自閉症赤ちゃんであるという診断をすることが出来ないといわれています。その理由は、1歳くらいまでの赤ちゃんの場合には自閉症赤ちゃんだという診断ははっきりつかないのが現状です。自閉症赤ちゃんだと診断される場合には、ある程度成長しているのに言葉が遅いとかなどを診断の基準にしていたり、その他の自閉症赤ちゃんの症状の特徴を参考にして診断されます。しかし、自閉症赤ちゃんの診断はなかなか難しくて、3歳を過ぎないとしっかりと診断が出せないんだそうです。


もしも自閉症赤ちゃんであると診断されたら、親は頭の中が真っ白になってしまってショックを受けると思います。しかし、自閉症赤ちゃんの症状というのは、生まれつきのもので、育て方が悪いということはありません。自閉症あかちゃんだと診断されても、早くから療育すれば改善することも可能なんだそうです。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。