自閉症児エリーの記録新版
言語訓練カード。発達障害、自閉症のお子様に言語訓練カード ファンデックこれはだれのための物?

自閉症の症状

自閉症の赤ちゃんの奇声





自閉症赤ちゃんの症状に奇声をあげるという症状があります。しかし自閉症赤ちゃんの症状の奇声をあげるという症状というのは、なかなか判断がつきにくいといわれています。確かに、自閉症赤ちゃんでなくても小さい子供さんの場合には突然奇声を上げることがあります。ですから自閉症赤ちゃんの症状に奇声をあげるというのがあるのですが、一般的に自閉症であるかどうかを奇声だけで判断するというのは難しいようです。自閉症赤ちゃんの症状の奇声を上げる症状はそれだけで判断するのではなくて、他の自閉症赤ちゃんの症状と一緒にあわせて判断するのがいいと思います。


自閉症赤ちゃんの奇声をあげるという症状は普通の子供達でも一時的に奇声をあげることもありますから、3歳くらいになるまで判断することができないんだそうです。ですから自閉症赤ちゃんが奇声をあげる以外に、目を合わせないとか、多動、独り言が多いとか、こだわりが強いといった症状が出ている場合には自閉症赤ちゃんかもしれないと疑ったほうがいいかもしれません。


自閉症の症状

自閉症の赤ちゃんはおとなしい





自閉症赤ちゃんの症状の特徴の一つにおとなしいということがありますがご存知でしょうか?自閉症赤ちゃんの症状のひとつのおとなしいという症状ですが、自閉症赤ちゃんは小さい時期からおとなしいことが特徴です。自閉症赤ちゃんの症状のおとなしいということを、気がつかない親も多いそうですが、確かに、性格、手がかからない子として、おとなしい赤ちゃんだと思っていれば、自閉症赤ちゃんかどうかが気が付かないと思います。自閉症赤ちゃんの症状のおとなしいという症状は他の自閉症の症状とあわせて発症するものですから、ただたんに手がかからない、おとなしいということ以外にもなんらかの自閉症赤ちゃんの症状はあらわれていると思います。


しかし、自閉症赤ちゃんの時期は、親もまだ気がつかないことが多くて、手がかからないおとなしい性格の赤ちゃんだと思っていたら、健診に行って初めて自閉症赤ちゃんであることを告げられるということもよくあるようです。

自閉症の症状

自閉症は笑うことをしない赤ちゃん





自閉症の症状で笑うことをしない赤ちゃんというのがあります。自閉症であるかどうかの見極めの段階で、笑うということが自閉症かどうかを赤ちゃんの段階で見極めるのに利用されます。自閉症の症状で笑うことをしない赤ちゃんは実際どうゆう場面で笑わないのかというと、例えば、赤ちゃんに対してお母さんが笑いかけるとします。ほとんどの赤ちゃんの場合には、お母さんが笑いかけると笑い返します。しかし自閉症赤ちゃんの特徴としては、笑うことがないのです。お母さんが笑いかけても笑うことをしないのが自閉症赤ちゃんの特徴です。


赤ちゃんが笑わない、無表情である、言葉が遅い、感情に乏しいといった症状がある場合には、自閉症の症状が出ている可能性がありますから、自閉症赤ちゃんかもしれないということを疑ってみてもいいかもしれません。小さい頃からお母さんという存在を他の人と同じ存在で、特別のものだと感じることが出来ない自閉症赤ちゃんはお母さんが笑っても笑うことができないんですね。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。